もしもマンション売却して無要望のままだったら

マンションを売却してサラリーが発生した場合には確申を行う必要がありますが、確申を行う日程は決められています。そのため、申告することを知らなかったり忘れていたなどの理由で、決められている日程を過ぎても申し出をしなかった場合には、無申し出についてになってしまうので注意が必要です。そうして、マンションなどでサラリーが発生しているのに、決められている日程が過ぎてしまったその後も申し出せずに無申し出のままが続いてしまうと、税務署から指図を受ける場合がありますし、申告していない業者において指図を受けた際には平均納めるタックスとは別に、ペナルティとしてupタックスが課されてしまう場合もあります。そのため、マンションの転売などでサラリーが発生したのに忘れていたなどの理由で申告してないとおり日程が過ぎてしまった場合には、そのままにしておくのではなく税務署から指図を受ける前に、直ちに税務署に相談して自主申告することが重要です。

【安心して不動産査定するなら】
簡単登録で相場が確認できる2サイト
3_468_60
>> イエイ不動産一括査定ホームページへ <<