築年季とマンション査定の起因

マンション査定にはマンションの築年季が広く関係してきます。
戸建ての民家の場合も関係してくるが、大方戸建ては15時世ほど経過しますといった既に民家自身のプライスがなくなるのです。
但し土壌は築年季により値下がりするというものではありませんのでその後は地価が凄まじく査定額に影響します。
マンションの場合も土壌を一種威光を持っていますので地価も関係してくるがマンションの額面のうちの大部分は家屋ですので築年季が長くなればなるほどにマンション査定単価も下がっていくのです。
地価が変動しなかったという常識で考えますと大方年間マンションの継続単価の7割程度の価格になります。
たった一年で三割分のプライスが下がってしまったということなのです。
ですのでもしマンション査定を通じて転売をしたいと考えるのでしたらぜひとも5時世以内に売るようにしてください。
10時世以上にもなりますと特別な場所ほかでしたらそれほど効く単価は望めません。

【安心して不動産査定するなら】
簡単登録で相場が確認できる2サイト
3_468_60
>> イエイ不動産一括査定ホームページへ <<